自宅ケアと使い分け!ダウンコート、ダウンジャケットのクリーニングの基礎、所要日数と料金は?

自宅ケアと使い分け!ダウンコート、ダウンジャケットのクリーニングの基礎、所要日数と料金は?

軽量で温かいというメリットが受け、ダウンコートやダウンジャケットを防寒で着用している方は非常に増えています。

ただしダウンコートやダウンジャケットの洗濯やケアとなると、自宅でするのがいいのか?はたまたクリーニングにまで出すべき?と迷う方が多いものです。

今回は安価なアイテムも増えているダウンコートやダウンジャケットのクリーニングに着目し、自宅ケアとの使い分け、基礎知識、所要日数及び相場感についてお届けします。

ダウンコート、ダウンジャケットのクリーニングの基礎

まずはダウンコート、ダウンジャケットのクリーニングの基本的な流れから、メリット・デメリットにわたるまでを確認していきましょう。

ダウンコート、ダウンジャケットのクリーニングの基本的な流れ

ではダウンコートやダウンジャケットをクリーニングに出した際の、基本的な流れからご紹介します。

1.状態及び汚れの確認

預かったダウンコートやダウンジャケットの汚れの度合いやシミの有無、内側のダウンやフェザーの状態などを確認した上で、クリーニング方法を選択するためです。

2.ドライクリーニング

汚れの状態に応じて専用の機械で洗浄を行い、汚れを落とします。水の代わりに溶剤を使用するドライクリーニングが適用されます。

3.染み抜きなど

ドライクリーニングにて取り切れなかった汚れ、染み抜きが必要な場合にプラスされる工程です。

4.乾燥工程

ドライクリーニングと染み抜きなどのオプション加工が終わった商品を乾燥させる工程です。

ダウンコート、ダウンジャケットのクリーニングのメリット

次にダウンコート、ダウンジャケットのクリーニングのメリットを見ていきましょう。

1.自宅での洗濯のリスク回避

後程、詳しくご紹介しますが、自宅での洗濯はどうしても失敗のリスクが付きまといます。素材の色褪せ、詰め物へのカビの発生、ダウン特有の保温性の減少などが起こりがちです。

一方、洗濯のプロであるクリーニング店に依頼することで、これらのリスクを避けることができます。

2.長く楽しむことが可能

自宅での洗濯リスクの回避とも関連しますが、自宅ケアでは取り切れない染みを取り除いたり、洗濯機を使用することによる生地や詰め物のダメージを回避できます。

結果、大切なダウンコートやダウンジャケットを長く楽しむことができます。

ダウンコート、ダウンジャケットのクリーニングのデメリット

続いてダウンコート、ダウンジャケットのクリーニングのデメリットをご確認ください。

1.費用がかかる

デリケートな商品であることから、ワイシャツなどのクリーニングに比べてどうしても割高感があります。ただし、メリットでもご紹介したリスク回避をするには最小限必要なコストだと知っておきましょう。

2.業者によって差がある

クリーニング店はどこにお願いしても同じだと思いがちですが、得手不得手があります。費用を押さえたいという気持ちで、単に安い料金でしてくれる業者を選んでしまうと、せっかくのダウンが台無しになることもあります。

ダウンコート、ダウンジャケットのクリーニング依頼時に知っておきたいこと

ではここからは、ウンコート、ダウンジャケットのクリーニング依頼時に知っておきたい点をご確認ください。

ダウンコート、ダウンジャケットは自宅で洗濯できる?

ダウンコートやダウンジャケットは自宅では洗濯できないと思われている方も多いかもしれません。しかしそれは先入観に過ぎません。

洗濯ができるかどうかを知るには、消費庁が決めている洗濯表示を確認するのがもっとも確実です。洗濯表示で確認すべきなのは水洗いが可能かどうかという点です。それは当然のことながら自宅で行う洗濯は水で行うからです。水洗い不可となっているものはデリケートなアイテムなので自宅での洗濯は避けることをおすすめします。

またあなたが持っているダウンコートやダウンジャケットがお気に入りのものである場合も、自宅での洗濯は避けましょう。洗いあがった後に風合いが変わってしまうとショックなものです。

つまり自宅でのダウンコートやダウンジャケットの洗濯は、水洗いが可能な物であれば大丈夫ですが、お気に入りのものは避けるようにしましょう。

ちなみにご自宅での洗濯は手洗いもしくは洗濯機洗いが可能ですが、どちらを選択するかは必ず洗濯表示に従ってくださいね。

ダウンコート、ダウンジャケットの洗濯の注意点

ご自宅でダウンコートやダウンジャケットを洗濯する際に知っておきたい注意点を2つご紹介します。

1.素材を必ず確認

基本的に外側の素材を必ず確認してください。外側がナイロン素材であれば、自宅での洗濯でもそこまで心配はありません。ただしレザーやフェイクレザーなどが使用されていると変色の恐れがあることを知っておきましょう。

2.乾燥をしっかり行う

詰め物が内側に入っている為、乾燥には時間がかかります。通常の洗濯者と同じ感覚でいると、詰め物に水分が残っていてカビの原因になることもあります。

またダウン特有のふんわり感を出すには詰め物の間に空気が入ることが重要です。内側までしっかり乾燥させることを意識してください。

ダウンコート、ダウンジャケットのクリーニングの頻度の目安

自宅で洗濯することが可能な物は別として、クリーニングに出す場合の頻度は着用頻度によって変わります。

頻度が少ないものに関しては、シーズンの終わりにクリーニングに出すので十分です。

逆に、冬場毎日着用するなど頻度が高い物は汚れが気になり出したら出すようにしましょう。目安でいえば、シーズン中に2~3回程度です。特に衿や袖口の汚れは放置すると取れにくいので気を付けておくことをおすすめします。

いずれの場合も、シーズンオフに入る前には必ずクリーニングしてから保管してくださいね。

自宅で行うダウンコート、ダウンジャケットのお手入れ方法

ここからはご自宅でダウンコート、ダウンジャケットのお手入れを行う場合に着目していきましょう。

ダウンコート、ダウンジャケット着用後

まず着用後は以下の自宅ケアを行ってください。

1.湿気を溜めない

ダウンのふんわり感は湿気があると消えてしまいます。そこで汗などの湿気をとるために、ハンガーに吊るし通気性の良い場所にかけておきましょう。

2.汚れは定期定期にオフ

表面の汚れは濡れタオルなどを利用し拭き取るようにしましょう。もちろん拭き取り後は乾燥させてくださいね。

もし汚れが目立つ場合は、中性洗剤などで汚れを取り除いた上で、表面のみすすぐのがポイントです。

シーズンオフの保管方法のポイント

シーズンオフ時の保管の際は、湿気を避けることです。そこで、クリーニングから戻ってきた際、かぶせられているビニール袋は必ず外して保管しましょう。

また着用するシーズンになったら、通気性が良い場所に一度出し、風を通してから着用するとおすすめします。

自宅保管だと心配な高価なダウン類はクリーニング店の保管サービスを利用するのも1つの方法ですよ。

ダウンコート、ダウンジャケットのクリーニングの所要日数と料金

では最後にダウンコート、ダウンジャケットをクリーニングする際の日数と費用についてまとめてお届けします。

ダウンコート、ダウンジャケットのクリーニングの所要日数

まず、ダウンコート、ダウンジャケットのクリーニングにかかる日数ですが5日~2週間程度と時間がかかるのが基本です。では以下に具体的な店名をあげてご紹介しますね。

・ホワイト急便(クリーニング店、宅配可)→1週間程度

公式サイトなどに明確な日数は表示されておらず、かつ店舗によっても日数が異なるのが現状
です。お役立ちコラムでダウンジャケットのお手入れについて記載があるように、熱に弱いという特性や、軽さが売りであるが故に洗濯機では浮いてしまう洗いづらいものです。

これらの特性を理解しているホワイト急便に任せると安心できそうですね。

・白洋舍(クリーニング店、宅配可)2週間程度

高級ブランドクリーニングを提供しているので、風合いが大切なダウン製品もタンブル乾燥を取り入れることでふんわりと仕上げてくれます。

仕上がりの日数は白洋舎も明記されていません。

・リナビス(宅配クリーニング)→最短5日程度

モンクレール・デュベティカといった8万円以上もする高級ダウンも取り扱っているのがリナビスです。自然乾燥がメインであり、かつ手作業や手間をかけることを惜しまないリナビスだからこそできるサービスですね。

・リネット(宅配クリーニング)→5日程度

公式サイトのコラムにはダウンの中でもフェザーが詰め物であるものは、水鳥の毛であることから水洗いがおすすめと記載されています。ただし、家庭での洗濯ではどうしても細やかな調整が難しいものです。

リネットは素材を見ながら、水洗いが最適なものは水洗いを、ドライクリーニングが最適と判断したものはドライクリーニングで対応してくれます。

・せんたく便(宅配クリーニング)→5営業日

パック料金サービスを適用していますが、染み抜きや仕上がりを重視したドライクリーニング溶剤を使用するなど高いクオリティを目指しているのがせんたく便です。

ダウンコート、ダウンジャケットのクリーニングの料金

続いてはダウンコート、ダウンジャケットのクリーニングの料金を見ていきましょう。

・ホワイト急便

ダウンジャケット 1,520円(ホワイト急便 ペリカングループ)
軽量ダウンジャンパー 1,300円、ダウンジャンパー 2,000円、ダウンコート2,400円
(ホワイト急便 神奈川県相模原市本店)

上記で見ても分かる通り、店舗によって金額も取扱い可能なアイテムも変わりますので事前の問い合わせをおすすめします。

・白洋舍

ダウンジャケット 2,100円~(オリジナル料金)4,200円(高級ブランド・素材が特殊な物)

素材が特殊な物などは取り扱いに細心の注意を払う必要があるため、割高になります。数百円プラスすることで集配対応も可能です。

・リナビス

高級ダウンであろうと、ワイシャツであろうと関係なく、アイテムの数で金額設定しているのがリナビスの特徴です。

以下のように5点、10点、20点とクリーニングに出す衣類の点数ごとにコースが設定されています。

5点 初回5900円(送料無料) 2回目以降 7,000円(リピート割あり・送料別)
10点 初回10,800円(送料無料) 2回目以降 9,800円(リピート割あり・送料別)
20点 初回18,800円(送料無料) 2回目以降 17,800円(リピート割あり・送料別)

かなりお得感がありますね。

・リネット

・ダウンジャケット 2,850円~(通常料金) 4,350円~(デラックス料金)
・ダウンコート 3,150円~(通常料金) 4,650円~(デラックス料金)
・ダウンベスト 2,280円~(通常料金) 2,980円~(デラックス料金)

革が使用されていたり、ファーなどがついているとプラス料金が必要ですが、丁寧な仕上がりには価格以上のものを感じる声も多く耳にします。

・せんたく便

せんたく便パックというパック料金を採用しており、指定の専用バックの容量にあわせて5点、10点とセットで料金が定められています。

・最速5パック 初回 4,980円 リピート金額 4,680円
・最速10パック 初回 6,980円 リピート金額 6,680円

ダウンはあまりかさばらないという点でもパック料金向きだと言えるでしょう。

前述した一般的な料金と異なる可能性がある場合は以下の2つのケースです。

1.素材が特殊もしくは付属品がある場合

デリケートな素材が使用されている、衿や袖周りにファーが使用されている場合などは、追加料金がかかります。

2.オプションの選択

ダウンの中でも高級な物の場合、より丁寧に取り扱うオプションメニューもあります。これを洗濯した場合はオプション料金が発生します。

まとめるとダウンコートやダウンジャケットのクリーニングは
・水洗いなしのドライクリーニングが基本
・自宅での洗濯のリスク回避と長く愛用するケアが可能
・割高感があるがデリケートなアイテムだけにクリーニングがおすすめ
・クリーニング店によっても仕上がりに差がある
・自宅での洗濯は可能だが、リスクが大きい
・自宅での洗濯時は素材を確認し、乾燥を怠らないこと
・着用頻度が少なければシーズン中1回、多い場合は2~3回
・自宅でケアは湿気を避け、汚れをこまめに取ること
・シーズンオフは通気性の良い場所に保管
となります。

自宅ケアですべて行うには難しい部分もあることから、クリーニングとの併用がおススメです。つまり軽くて温かく、かつふんわりとした風合いが魅力のダウンコートやダウンジャケットを長く楽しむにはクリーニング店にお任せするのが正解ではないでしょうか。

クリーニングカテゴリの最新記事