嫌なカビを減退するにはカビ抜きクリーニング!日数と料金は?

嫌なカビを減退するにはカビ抜きクリーニング!日数と料金は?

衣替えから出した衣類をふと見るとカビが生えていた!という経験をお持ちの方もおいでではないでしょうか?

カビの種類によってはご家庭の洗濯ではうまく消えなかったり、消えたもののカビ臭さが消えないという場合にはカビ抜きクリーニングが有効です。

所要日数や料金と共に注意点も含めてお届けします。

カビ抜きクリーニングの基礎?

まずはカビ抜きクリーニングの基礎と題して、衣類につきがちなカビの種類、カビがつきやすい条件、そしてカビ抜きクリーニングの種類についてご紹介します。

衣類を虫食むカビとその種類

衣類を、虫食むカビの種類には主に2種類あります。1つは粉状の白カビ、もう1つは有色カビと呼ばれる種類の黒カビです。

白カビは喪服などに付着していることが多く、比較的落ちやすいのが特徴です。また油系の薬品を使用することで溶けてなくなるため、安易に考えがちですが目には見えなくても繊維の奥に入り込んでいる可能性もあります。

そうなると払い落としてもまた内側からカビが出てくるので注意が必要です。

黒カビはブラウスやYシャツなどに付着し非常に厄介なカビです。通常の洗濯ではまず落ちないことはもちろん、通常のクリーニングでも落とすことが出来ません。

漂白などをして落とす必要がありますが、色つきの衣類だとさらに色かけをする必要が生じるので費用もかさみます。

衣類にカビがつく理由とその条件

さてカビはなぜ衣類に付着してしまうのでしょうか?

カビが生えるには一定の条件があります。1つ目は温度が20~30度の間であること、2つ目は湿度が70%を超えることです。

特に梅雨の時期はこの条件に合致するので特に注意が必要です。さらに衣類に汚れが付着しているなどカビの栄養となるものがあるとさらにカビが増殖しやすくなります。

カビ抜きクリーニングとその種類は?

カビ抜きクリーニングには大きく分けて2種類あります。

1種類目はシミ抜きクリーニングをすることでカビを取る方法です。2つ目は専門のカビ取り加工を施す方法です。

染み抜きクリーニングで行う場合は主に漂白という方法を使ってカビを除去します。カビ抜きクリーニングの方法は白カビか黒カビかで加工方法が異なります。

白カビの場合は割とカビが簡単に取れやすいので、実は普通のクリーニングでもきれいに取ることが可能です。しかしドライクリーニング対応が必要なものに関しては手作業で水洗いによって落とす必要があります。

一方の黒カビの場合は、繊維の奥までカビが入り込んでいることから専門的な技術を使って取り除いていきますが、残念ながら必ず消えるという保証はありません。

そういった意味ではカビが生えてほしくない大事な衣類には防カビ加工を事前に施してもらうのも1つの考えでしょう。

カビ抜きクリーニング依頼時に知っておきたいこと

ではカビ抜きクリーニングを依頼する際に知っておきたいポイントをご紹介していきます。

またお店によってはカビ抜きクリーニングを行っていない所もあるので事前に確認する事も忘れてはいけません。

カビが生えた衣類の対処法

衣類にカビが生えているのを見つけたけれど、どうしても着用しなくてはいけない。ま

たすぐにはクリーニング店に持って行けないという事もあるでしょう。その場合の応急処置についてご紹介します。

1つ目の方法は「お湯に濡らしたタオルで拭きとる」ことです。硬めにしっかり絞ったタオルを使って叩くようにしてカビを落としましょう。濡らしたタオルで行うことでカビの飛散が防げますので必ず濡れたタオルで行ってくださいね。

ただし拭き取ってはいけません。拭き取ることで中にカビが入り込んでしまうからです。その代わりにアイロンでプレスしながら乾燥させてカビ菌を死滅させましょう。

2つ目の方法は「消毒用のエタノールで拭きとる」ことです。カビの殺菌を行うのにエタノールが効果を発揮してくれます。きれいな布巾にエタノールを吹き付けて湿らせ、カビを叩き落とします。ただし素材によっては色落ちをすることがあるので、目立たない裏地などで試してから使用することをおすすめします。

カビ抜きクリーニングに持って行くまでのポイント

まず衣類にカビが生えていることを見つけてしまった時、手で叩いて落とそうとする方が多いかと思います。しかし、叩くことで一部のカビが繊維内に入り込むことも十分考えられます。

また二次被害を広げないためにも、そのままビニール袋に入れてしまいましょう。ただしカビが生えた衣類が複数ある場合は、別々の袋に入れることをおすすめします。別の衣類の別の箇所にもカビをつけてしまう可能性があるからです。

カビ抜きクリーニングで落ちるカビと落ちにくいカビ

カビ抜きクリーニングに出したとしても必ずカビが落ちるとは限りません。割と簡単に落ちるカビと落ちにくいカビが存在するからです。

白カビは落ちやすいタイプのカビですが、黒カビは落ちづらいカビに分類されます。手間をかけて落としても生地が傷んだり、色落ちしたりとリスクも大きいため、クリーニング店によっては断られるケースもあります。

再度カビ被害にあわない為に知っておきたい事

タンスやクローゼットなどの中にカビがまだ生息している可能性もあります。そこで、一度すべての衣類を出して消毒をすることと風通しをよくしましょう。またカビがついていない衣類についても天日干しをするなどして日光消毒することをおすすめします。

また普段から衣類を片付ける際には、風通しを良くするために衣類同士の間隔をあけておくことを意識しましょう。

クリーニングから戻ってきたら必ずビニールは外して保管しましょう。ビニールを被っていると、蒸れが起こり湿度も高くなり、カビの温床となってしまうからです。

人によってはあまり着ていないからとクリーニングに出さずに翌シーズンまで保管してしまう場合があります。しかし目には見えなくても皮脂や汗など汚れがついており、それを栄養分にカビが発生することもあります。そこで一度でも着用した衣類を片付ける際はクリーニングに出しましょう。

カビ抜きクリーニングの所要日数と料金

ではここからはカビ抜きクリーニングにかかる日数と料金について見ていくことにしましょう。

カビ抜きクリーニングの所要日数

まず、カビ抜きクリーニングにかかる日数ですが3日~7日程度というところがほとんどです。ただし店舗によって異なったり、手間がかかるもの関してはもっと所要日数がかかることもあります。

以下に具体的な店舗と日数をあげていきますね。

・ホワイト急便(クリーニング店、宅配可)→3営業日程度

カビ抜きクリーニングというメニューはありませんが、水洗いと乾燥でカビ菌と臭いに関しては除去可能です。しかし黒カビに関して消しさることは難しい旨が公式サイトに謳われています。

ただしハイクラスコースを選択することで、「防菌・防カビ加工」を受けることが可能ですので他の衣類の予防としても利用できます。

・リナビス(宅配クリーニング)→5日程度

オプションメニューとしてカビ抜き加工が用意されています。そもそも高級クリーニング店であったことからシミ抜きにも高い技術力を持っており、カビ抜きについても高い効果が期待できますね。

・ネクシー(宅配クリーニング)→5~7日程度

※最短発送から3日

本格シミ抜きとしてカビにも対応しています。しかし黒カビは除去が難しくなっています。またカビが付着したことで脱色が起こっている場合の色付けには対応していません。

カビ抜きクリーニングの料金

続いてはカビ抜きクリーニングの料金を見ていきましょう。

・ホワイト急便

通常のクリーニング内で行うため別途追加料金は不要です。ただし、すべてのカビが落ちるとは言えないというリスクがあります。

Ýシャツ 140円~

ブラウス 350円~

・リナビス

通常は5点、10点、20点とクリーニングに出す衣類の点数ごとにコースが設定されています。それに加えて1点あたり500円がカビ抜き加工のオプション料金としてかかります。

5点 初回5900円(送料無料) 2回目以降 7,000円(リピート割あり・送料別)

10点 初回10,800円(送料無料) 2回目以降 9,800円(リピート割あり・送料別)

20点 初回18,800円(送料無料) 2回目以降 17,800円(リピート割あり・送料別)

つまり初回5点で(1点カビ抜き加工希望の商品有)のクリーニング料金は以下の金額です。

5900円+500円=6,400円

・ネクシー

Ýシャツ 300円(ビジネス料金、メンバーズ料金 250円)

ブラウス 660円(メンバーズ料金 560円)

※ビジネスコース(一部割引あり) 月額162円

※メンバーズコース(全て割引) 月額324円

上記の通常価格にシミ抜き、つまりカビ取りも含まれています。

まとめるとカビ抜きクリーニングは

・シミ抜きクリーニングとして行う方法とカビ抜き加工とがある

・白カビは落ちやすいが、黒カビは落ちにくい

・カビがついた衣類はビニールに入れて他の衣類と分ける

・クリーニング後のビニールは必ず外すことでカビが予防できる

・クリーニングで落ちないカビもあるので事前に相談が必要である

・シミ抜きが得意なクリーニング店はカビ取り技術もあることが多い

となります。

カビ取りクリーニングと大々的にうたって取り扱っているお店は少ないのが現状です。しかし現実問題カビが生えた衣類がクリーニング店に持ち込まれることは非常に多く、白カビであればきれいに普通のクリーニングでも落とす頃が可能です。

万が一、黒カビなどの色カビが生えた場合は、クリーニング店に持ち込む際に取扱い可能かどうかを相談することをおすすめします。

またカビを発生させないために、シーズンオフ前にはクリーニングに出すこともお忘れなく!

クリーニングカテゴリの最新記事